ベトナム⇔日本の音声通信コストの削減

当社が提供しております大阪電話IPの基盤を利用し、ベトナム⇔日本の音声通話費用を劇的に削減するご提案をいたします。

 

机上にすえつけることが簡単な電話機ですから、スカイプなどパソコンが必須な装置とは異なり、社内教育せずとも広範に使用可能です。

 

PBX不要ですから、接続安定性を考慮する必要が無いテスト接続であれば、ADSLさえあれば導入できます。

 

 

事例1:大阪電話IPを日本拠点とベトナム拠点に設置。内線電話として利用。通話コストを1/100に削減。

 

事例2:大阪電話IPを日本拠点とベトナム拠点に設置。外国籍の一般電話番号を同時に設定することで、世界中の加入電話や携帯電話からもベトナムの事業所へ格安にアクセス。社内通話コストは1/100、日本の加入電話からの通話コストは1/20に削減。

 

なお、ベトナム側の電話機が安定して着信を受けるためには、ベトナム側のIPネットワークが安定している必要があります。

回線環境を改善しなければならない場合があります。